Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://akajun.blog42.fc2.com/tb.php/6-ae94bbb7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

執事とらのあな4お疲れ(中編)

どうも、驢恋です。

執事とらのあな4お疲れさまでした(二回目
さて、前回のあらすじ。

1.tubasaペア(俺、tubasaさん)合流
2.製本作業で寝たのが朝
3.カラオケと飲み会
4.紅丸ですぅ

今回は漸く当日6日の執事とらのあな4
本番のレポートとなります。

続きは以下からどうぞ。

相変わらず起床が最も遅いのは当然驢恋。
目が覚めた時にはエリオル君がいました。
睡眠中の私を退け到着していた模様。
その時の会話がこんなのだったらしい。

公『ま た こ い つ か』
エ『取り敢えず先輩どうしましょう』
公『起こすの恐怖なんだけど』

先輩=俺です。
以前夏だか冬だかの時もこのエリハムペアが
私を起こした気がします。
振り返ってその時の光景。

公『おい驢恋峽凰起きろwww』
驢『…おう』

時刻は5時だか其処ら辺りの早朝。

エ『こんちゃ~っす』

エリオル君がtubasa宅に到着。
暫く経って海産物の匂いが漂う。同時に
熱い物質が私の上に落ちて来る。

驢『…あっつ…!あっつ!』

物質の正体はカップヌードル海産物(
寝ている人間の真上で食っていたお陰で
それは私に直撃した。当然全部ではないが。

驢『てめこんにゃろう…!www』
エ『うっはwwwサーセンサーセンwww』

寝起き凶悪伝説は此処から始まったのだが

どう見てもこれは私の寝起きの悪さが
原因ではないと思う((

時間は戻って6日早朝。
取り敢えず全員起床。
ヤケにハムさんが急かす。
色々と無茶な内容だったため
3割位私はキレていた(ハムさん曰く10割)

出発→電車内
此処まで来ると私のテンションが上がる。
取り敢えず電車内で一番暴れていたのは私。

驢『あれ?熱くなって来たよおい!』
tu『うっせぇwwwwww』

秋葉原→京浜東北線乗り換え移動中
先頭を切って突き進むハムさん。
後方それ以外はダラダラと進行中。
その時驢恋に電流走る。

驢『…ん?電車もう来るんじゃね?』

直感的に感じた俺のラッシュ開始。
最後尾から6~7m弱離れた先頭のハムさんへ
一気に直進。
tubasaさん曰く、

『三番コーナー曲がった辺りから一気にうぇぁ!』

エスカレーターの右側を一気に上に
駆け上がった時には京浜東北線が
丁度到着した瞬間だった。

浜松町到着
場所が分からない。
適当に地図を確認し適当に進む。

ある程度進むと何だかもう明らかに
『イベントあるよ!』みたいな雰囲気の人が
大量に出て来た為、それに沿って行く。

会場到着

驢『おい…嘘だろ…』
公『これは…』
エ『いやいやいや』
tu『パねぇ…マジパねぇ…(笑』

謎の長蛇の列。
そして先日葉月さんから情報を得ていた為
この列が何の列だかは即座に把握した。
どう見ても東方である。

公『まさかこれ並ばないと無理…とか?』
き『いやぁそれは流石に…』
公『取り敢えず回ってみるか』

列に沿って一周回ってみる。
ある程度の所で皆理解していたのか
取り敢えず一周してみた結果。

『この列は東方だけである』

と言うのが分かった。
そうと分かれば内部へ侵入。突撃である。

エントランス→エレベーター前
会場の場所が分からない。
と言う訳で電話をしてみる。相手はkeiさん。

驢『売り子やってるから…』
tu『keiさん出れねぇんじゃね?』

公『あ、keiさん何階?』

驢&tu『なん…だと…?』

売り子していながら電話に出る。
そんなに暇なのか。よろしいならば戦争だ。
と言う事で3階だそうなので3階へ。

会場
到着。取り敢えず入場用のパンフを買う。

ド『ハムさん幾らですか?』
公『え~と500、500だ』

驢『…おいこら600じゃねぇかww』
公『え、マジかよww』

全員パンフレットを買い、サークルひなゆめへ。
約三名が黒い為に一瞬で把握される。

驢『あ、あったわ』
kei『あ、みんな来たねw』

ガタッ

売り子が席を立つなww
しかし何やら結構フラフラしているみたいなので
そのまま放置してみる事に。

時間が経過し人が大量に到着。
気が付けば手元にひなゆめ本3と
『しゅごキャラ』

…あれ?何でだ?

横目で見てみればえくさんが本を
パシパシと手渡している。この野郎…ww

ある程度時間が経過。
此処でドルさんを呼び寄せる。

驢『おいドルさん!』
ド『…!?』
驢『バレへんバレへん』

元々参加者には本は無償で配布される
が、元々赤字決定領域の為に
それを軽減すべく我ら参加者一部は
金を払おうとするのだが、その行為(好意)を
帝王keiが防ぐのだ。だが今なら…

ド&驢『バレへんバレへん』

と言う事で我々は帝王がうろうろして
挨拶している間に金を置き去る。
優越感である(

昼付近、うるさん参上。

皆『紅丸さんはざ~す!』
う『えぇ!!紅丸ぅ!?誰っすかぁ!?誰っすかぁ!?』

全員好調である。

~中略~

エキサイトする中取り敢えずアフターまで
時間がある為一先ず終了後のオフをするまで
時間を潰す事に。それ以外の人間は
アフターイベントに参加していた為
詳細は不明。詳しくは他の人へ((

うる、驢恋、tubasaの三名はまず
うるさんが金を下ろしたいと言う事で
付近のコンビニへ向かう事に。
その時の会話。

驢『うるさんどんだけ金あるんですか』
う『そんなねぇよ~?』
tu『金額はあれですけど例えるなら?』
う『…結婚式開けるか開けないか?』
驢&tu『多いなwwwwwww』
う『…で、人をまぁ呼べるか呼べないか?』
驢&tu『ま…いや多いなwwwwww』
驢『てかうるさん結婚するんすか』
う『あぁん!?しねぇよ!!wwwww』

一先ずやる事はやったので喫茶店でのんびりと
時間を潰す。戦利品を広げたりやら何やら。
私は『ガンスリンガー』読んでました。

時刻は4時10分付近。
取り敢えずアフターイベント終了。
全員集合しオフの会場へ向かう事に。



一応取り敢えず執虎終了までを書きました。
次はオフの光景を書く事になります。

また時間あったら更新します。
ではその時にまた宜しくさらば~。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://akajun.blog42.fc2.com/tb.php/6-ae94bbb7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。